水質検査薬の節約法

レッドビー飼育のための勉強を楽しんでいる「くま」です。


昨日の疑問に多くの方からコメントを頂き、大変ありがとうございました。


コメントがあるとブログ更新も楽しいですね。


お礼にはならないと思いますが、私からも豆知識?ひと工夫の情報を・・・
知っている方も多いかもしれませんが。。。

レッドビーは未経験ですが、一応アクアリウム経験は少しあります。

水質検査とかを結構好きでするのですが、回数が多いとコストがかかります。

そこで、ケチケチ水質検査をしています。

検査している項目は、ph、アンモニア、亜硝酸、総硬度(これは最近、レッドビー飼育を決意して始めました)です。

使っている検査薬はテトラテストです。









規定量での1回分コストは、

ph が、飼育水5mlに検査薬を7滴入れて50回分なので、
=943円(チャーム価格)÷50回=18.86円

となります。

まーそれでもそんなにコストは高くないですが、ケチケチ法では2.7円になります (v^ー゚)

では、手順ですが、準備するものとして、0.1ml単位で計測できるシリンジorスポイトなどが必要です。

私は、1.0mlのシリンジを使用しています。
シリンジ 

規定量では、飼育水5mlに検査薬を7滴なので、飼育水を1/7にすれば、検査薬は1滴ですみます。

つまり、飼育水5ml÷7=0.714ml ≒ 0.7ml に検査薬1滴です。

そうするとコストは1/7なので、18.86円÷7=2.7円で、一つの検査薬で350回分検査できます ( >ω<)9

気になる測定誤差ですが・・・

それはある程度あります。

ですが、経験上0.5以上の誤差はありません。

大体の値をつかむには十分だと思います。

ちなみに、規定量とケチケチ量での検査結果はコレ↓
ph.jpg

二つともph8.0ってとこでしょうか。

同じ感じで、アンモニア、亜硝酸、総硬度も検査していきます。

アンモニアは、規定量が飼育水5mlに第1薬を14滴、第2薬を7滴、第3薬を7滴で、25回分なので、
コストは1,270円(チャーム価格)÷25回=50.8円です。

これを、全部1/7の飼育水0.7mlに第1薬を2滴、第2薬を1滴、第3薬を1滴で、175回分なので、
1,270円(チャーム価格)÷175回=7.26円 です


亜硝酸は、規定量が飼育水5mlに第1薬と第2薬を7滴で、45回分なので、
コストは1,205円(チャーム価格)÷45回=26.78円です。

これも全部1/7で、飼育水0.7mlに第1薬と第2薬を1滴で、315回分なので、
1,270円(チャーム価格)÷315回=4.03円です。

アンモニア、亜硝酸もケチケチ検査では多少誤差はありますが、色は大体同じスコアになります。


最後に総硬度検査です。

総硬度は、ph、アンモニア、亜硝酸とは検査薬滴下方法が違うので、最初どうしようかと思いました。

普通にアクアリウムをする分には、総硬度は全然気にしていなくて良かったので、測定したことがありませんでした。
最近、レッドビー飼育には必要だと思って購入しました。

規定の方法は、飼育水5mlに検査薬を滴下し、赤から緑に色が変わった時の滴下数が総硬度になります。

まず、飼育水5mlを準備
0.jpg

検査薬1滴目
1.jpg

検査薬2滴目
2.jpg

検査薬3滴目
3.jpg

検査薬4滴目
4.jpg

検査結果は、総硬度4になります。


次に、逆算の原理でケチケチ法で行います。


まず、試験管に検査薬を1滴
検査薬1滴
これに、横のシリンジ1.0ml分の飼育水を入れていきます。


飼育水1.0ml入れました(もし、ここで色が変わったら総硬度5になります。あとで説明します)
10.jpg
ここから、少しずつ飼育水を入れていきます。


飼育水1.1ml
11.jpg

飼育水1.2ml
12.jpg

飼育水1.25ml (もし、ここで色が変われば総硬度4)
125.jpg

飼育水1.35ml
135.jpg

ここで、色が変わりました。

これを、逆算した下の表に当てはめます。
飼育水0.5ml = GH10
飼育水0.55ml = GH9
飼育水0.62ml = GH8
飼育水0.71ml = GH7
飼育水0.83ml = GH6
飼育水1.0ml = GH5
飼育水1.25ml = GH4
飼育水1.66ml = GH3
飼育水2.5ml = GH2
飼育水5.0ml = GH1

なので、ケチケチ法では総硬度は3以上4未満って事になります。
規定の方法では総硬度4でしたから、まあまあの識別かなと・・・

多分、レッドビー飼育では、最低限総硬度3以上あるかどうか分かれば良いと思うので、これぐらいの幅で分かればイイかなーと思っていますが・・・

イイですかね?

この方法は、総硬度が高いほどコスト削減効果が大きくなります。

色の変化が規定の方法と逆になるところは注意が必要です。


この方法が、一人でも新しい情報だったら嬉しいです。


ブログ継続の励みになります。ポチっと応援お願いします m(_ _)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

只今、勉強中 o((・_・彡 ・_・))o

レッドビー飼育のために、勉強中の「くま」です。


無難に60cm水槽での飼育を予定してます。


いろいろブログにお邪魔してみると、底面フィルター+(外部 or スポンジ)・ソイルで飼育している方が多いようですね。


そこで、疑問・・・


底面フィルターってリセットのときレッドビー入居はすぐできるの?


底面フィルターはソイルの寿命が早まって半年ぐらいみたいだし、立ち上げの時間もあるし・・・


スポンジフィルターってろ過能力(特に生物ろ過)どうなんだろ?


メンテがしやすい上部フィルターを併用したら、リセット時は上部フィルターのバクテリアに頑張ってもらって、その日にレッドビー入居OKかな?


即日入居可能のソイルもあるみたいだけど
Yahoo知恵袋(ビーシュリンプ飼育とソイル使用感)


水道水との相性があるから試してみないと分からないところあるし・・・
ちなみに熊本市の水道水はphが8.0、硬度3です(自宅水道水)
現在ある水草・多種魚90cm水槽はph調整剤を使用して、ph6.5、硬度3です。


底床材はマスターソイルで底面フィルターと上部フィルター併用(連結なし)にしようかな・・・


あとソイルじゃなくて、溶岩砂とかはどうなんだろ?







寿命も長いし、ろ過能力高いし、目詰まり対策したら底面フィルターにはもってこいのような気がしますが・・・


高硬度・アルカリ質の水質になるのかな。


理想は硬度5~10の弱酸性にしたいけど・・・
↑これって可能なの?
RO水でTDS計りながら添加剤ならできそうですけど、そこまでは資金的にも時間的にも難しい。
基本、水道水ベースで行きたい。


長くなりましたが、今回の疑問点は・・・


・底面フィルターってリセットのときレッドビー入居はすぐできるの?

・スポンジフィルターってろ過能力(特に生物ろ過)どうなんだろ?

・上部フィルターを併用したら、リセット時は上部フィルターのバクテリアに頑張ってもらって、その日にレッドビー入居OK?

・レッドビーと溶岩砂の相性

・硬度5~10の弱酸性って水道水ベースで可能?


先輩方、ご意見・アドバイスお願いします m(_ _)m


ブログ継続の励みになります。ポチっと応援お願いします m(_ _)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


はじめまして

はじめまして。


「くま」と言います。


アクアリウム経験はあるのですが、シュリンプはヤマトヌマエビしか経験がありません (^_^;


この度、レッドビーに初挑戦します。


成功を祈願して大げさなブログタイトルを付けてしまいました。
(ちょっと後悔(∩_∩;)ゞ)

2015年からブログタイトルを「シュリンプブリーダーへの道」 → 「くまのシュリンプ飼育記録」に変更しました。


楽しみながら頑張っていこうと思います。


応援、アドバイスよろしくお願いしますヽ(,,・∀・,,)/


ブログ継続の励みになります。ポチっと応援お願いします m(_ _)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


訪問者数
お世話になってます
リンク